新緑の一碧湖

新緑の一碧湖をほんのちょっとですが歩いてみました。(2017年4月20日撮影)

大池の新緑です。

今回は、沼池の方に行ってみることにしました。

湖畔の樹々は芽吹き始めたところで、可愛い赤ちゃんの葉っぱです。

枯れた葦とのコントラストが何とも言えません。

遊歩道はやわらかい春の道です。

30分くらいでしたが、春の息吹きを感じた時間でした。

次回はもっとゆっくりしたいものです。


ippekiko121226-1


アクセス:JR伊東駅より12km 車で約20分
バス利用の場合は、伊東駅発シャボテン公園行き「一碧湖」下車(乗車約30分 バス時刻表⇒)
駐車場:旧一碧湖美術館駐車場(無料)・沼池の入口若干(無料)・ボート乗り場(有料)
トイレ:沼池の入口・ボート乗り場

帆船日本丸となぎさ公園

2017年3月8日 帆船日本丸が伊東湾に停泊していました。
紺碧の海に浮かぶ白い帆船、なぎさ公園の彫刻のアクセントにもなっていました。
(文章・撮影 M.Takechi)

伊東市民の平和と幸せを願う姿をシンボル化した公園として昭和52年に整備された「なぎさ公園」には、伊東在住の彫刻家重岡健治氏の「家族」と題した彫刻をメインに様々な作品が展示されています。


□なぎさ公園へのアクセス(JR伊東駅より徒歩約12分 有料駐車場有)

秋の色。松川湖畔から奥野の森へ

随分と久しぶりになってしまいましたが、暖かい陽気に誘われて、松川湖・展望広場から松川上流方面を歩いてみることにしました。(2016年11月18日)

もうすっかり秋の色です。

matsukawako161118-3

川沿いに歩いていきます。道はきれいに整備されていますので、とても歩きやすいです。

matsukawako161118-4

渓流のせせらぎと野鳥のさえずりのなか、のんびりと・・・

matsukawako161118-17

途中、散歩中の方と出会いました。市民の健康ウォーキングの場所ですから・・・

matsukawako161118-15

橋を渡る前に、ちょっと上流方面に足をのばしてみましょう。

matsukawako161118-14

渓流の脇で大きな樹がきれいに黄葉しています。

matsukawako161118-13

この道をさらに上流に進んでいくと、大室山方面に出ることができますが、今日は展望広場に車が置いてあるので、今度は橋を渡って川に沿って下っていきます。

この辺は春の桜が見事なところですが、もうすっかり葉が落ちています。

matsukawako161118-11

梅の広場を横切り、飛び石のところから再度川を渡ります。

matsukawako161118-18

飛び石のところから、上流を見ると・・・

matsukawako161118-2

下流を見ると・・・

matsukawako161118-9

松川湖は、今日も穏やかでした。

matsukawako161118-8

松川湖畔には、一周約4.8㎞の遊歩道が整備されており、車もバイパス入口から松川上流の橋まで以外は通行止めになっていますので、安心して歩くことができます。

今日は展望広場から上流域を、約30分歩いただけですが、秋の奥野の森を楽しむことができました。

秋を満喫する松川湖畔ウォーキングをぜひお楽しみください。

◆松川湖の詳しいことは、こちらから⇒


■アクセス:JR伊東駅より約7km 車で15分
□駐車場:無料(奥野ダム・エコーブリッジ・展望広場)
□トイレ:有り(奥野ダム・エコーブリッジ・展望広場)
□タクシーご利用の場合
伊東駅起点で中型車約2,620円、小型車約2,300円(時間・距離等によって変更になる場合があります) タクシー会社一覧⇒

展望広場の場所