涼風を求めて・・・夕暮れの一碧湖へ!

ippekiko080804-14.jpg

伊豆の瞳」と言われる一碧湖にさざ波がたち、湖面に様々な自然の紋様を見せていました。暑い日でも夕方になると湖畔には涼しい風が吹いてきます。(8月4日)

ippekiko080804-9.jpg ippekiko080804-7.jpg ippekiko080804-16.jpg

ippekiko080804-6.jpg ippekiko080804-5.jpg ippekiko080804-4.jpg 

湖畔の遊歩道を歩いていると、「ミズキ」の実を見つけました。箱根細工の材料になる樹だそうです。
水面に近いところで、地層がむき出しになっていました。10万年前の火山の水蒸気爆発でできた爆裂火口湖といわれる一碧湖ですが、果たしてどの年代の地層でしょうか?ちょっと気になります。

ippekiko080804-1.jpg ippekiko080804-15.jpg ippekiko080804-12.jpg

四季折々、様々な姿を見せてくれる一碧湖。夏の夕暮れもまた魅力的でした。

一碧湖の場所は、伊東マップ・自然と公園 http://www.itospa.com/ito_map/nature-park.html をご参考ください。

コメントを残す