町内総出でおこなわれた伊東秋まつり!

室町時代からの歴史と伝統を誇る伊東秋まつりが、10月14日・15日の2日間にわたっておこなわれました。
湯川鹿島神社松原八幡神社から2基の神輿が街におりて、海上安全と豊漁の祈願をおこないます。(2008年10月15日撮影)

みこしの海上渡御の様子

松原神社(八幡神社)の神輿の海上渡御の様子です。32人の若衆にかつがれて後ろ向きに50m以上沖合にはいり、戻るときには浜から綱をもって海に飛び込み迎えに出ます。
ほら貝が鳴らされるなか綱が引かれやがて浜に上がってきます。これを3回繰り返します。

akimatsuri081015-7.jpg akimatsuri081015-8.jpg akimatsuri081015-9.jpg

海から上がった神輿が、市内を順幸します。
子どもたちが鳴らすほら貝の音が勢いをつけていますが、かなり重たそう。(この神輿は、湯川鹿島神社です。)

akimatsuri081015-37.jpg akimatsuri081015-21.jpg akimatsuri081015-4.jpg

やがて、鹿島踊りを奉納した後、神社の急階段を神輿が上がります。
1トンもの神輿をかつぎ上げるわけですから、緊張感が走ります。
無事にあがってホッと・・・。2日間にわたった秋まつりが終了です。

akimatsuri081015-12.jpg akimatsuri081015-1.jpg akimatsuri081015-10.jpg akimatsuri081015-20.jpg

1トンもある神輿をかついで海に入る32人の若衆。優雅な浦安の舞を披露する巫女姿の中学生。力強い鹿島踊りを奉納する若衆。交通整理などのスタッフなど。町内総出のお祭りです。

akimatsuri081015-18.jpg akimatsuri081015-17.jpg akimatsuri081015-13.jpg akimatsuri081015-16.jpg akimatsuri081015-14.jpg akimatsuri081015-15.jpg

この祭りが何百年も続けられるのも、こうやって子どもから大人まで町内総出で、力を合わせて祭りをつくりあげてきたからなのでしょうね。(※2010年10月8日訂正)

夜になると各町内から繰り出した山車がねり歩きます。

akimatsuri081015-2.jpg akimatsuri081015-31.jpg akimatsuri081015-35.jpg

ここでも子どもたちが大活躍。お祭りの日だけは夜ふかしも公認です。

akimatsuri081015-30.jpg akimatsuri081015-29.jpg akimatsuri081015-28.jpg

akimatsuri081015-27.jpg akimatsuri081015-25.jpg akimatsuri081015-24.jpg

伊東の各地域でおこなわれる秋の祭りは、町内の力をあわせ子どもから大人まで総出でつくりあげてきました。そして、また来年、さ来年、未来へと続きます・・・。
来年も伊東のまちの熱気をご一緒にお楽しみください。

町内総出でおこなわれた伊東秋まつり!」への4件のフィードバック

  1. yonemura

    700年以上続くお祭りと書いてありますが、本当でしょうか?
    別の資料によると天文3年(1534年)ころから両神社とも秋祭りが始まったとあります。ご教示願えればありがたい。

  2. kh

    yonemura様
    伊東秋まつりの歴史につきまして、ご指摘いただき有難うございます。
    言い伝えで、室町時代の中頃からといわれておりますので表記いたしましたが、700年という数字は、それから見ても矛盾がありますので、訂正させていただきます。
    今後ともよろしくお願い致します。

  3. ピンバック: 伊東の秋は、お祭りの季節! | 伊東観光協会オフィシャルサイト

コメントを残す