一碧湖畔のナンキンハゼの樹が白い実で飾られました。

一碧湖畔にあるナンキンハゼの樹全体が白い実で飾られました。(2008年12月16日撮影)

この1週間で、実についていた黒い皮がほとんどとれた様です。

白い実で飾られたナンキンハゼの樹

紅葉もおわり初冬に向かうこの季節、この白い実で飾られたナンキンハゼの樹は、自然からのちょっとしたクリスマスプレゼントのようですね。

 静かな一碧湖大池  ナンキンハゼの樹  ナンキンハゼの樹 ナンキンハゼの樹

沼池のほうもすっかり晩秋の感じで、葦がきれいです。
池では鳥たちが元気に泳ぎ、駐車場脇の湿地ではガマの穂が出ていました。

 葦のきれいな沼池  元気に泳ぐ鳥たち  ガマの穂

落ち葉でフカフカになった道を歩きながら、一碧湖畔の四季の移り変わりをお楽しみください。

一碧湖の場所は、伊東の自然と公園マップ http://www.itospa.com/ito_map/nature-park.htmlをご参考ください。  

交通アクセス:東海バス「一碧湖」下車、駐車場は売店・ボート乗り場と沼地(5〜6台分)のところにあります。

歩いてみると楽しい発見がいっぱいあります。伊東を心ゆくまでお楽しみください。

コメントを残す