伊東漁港で漁師さんに色々教えてもらいました。

伊東は「さかなのまち」と言われ、その美味しさはわかっているつもりですが、肝心の魚や漁のことについては、口にいれるばかりで知らないことが多く(ほとんど!) 、伊東漁港に漁師さんを訪ね色々教えてもらうことにしました。(2009年5月18日)

5月18日朝の定置網にはいっていた魚たち

伊豆最大の漁港・伊東港。
伊東の海は、黒潮分岐流の影響を受け、温かい海に暮らす魚や生き物がいっぱい集まってきています。
加えて親潮の影響も一部あり冷たい海に暮らす魚たちもいて、とてもにぎやかです。
温かい海・冷たい海それぞれにくらす魚たちがあつまる豊かな海で、昔から色々な漁法( いとう漁業協同組合・伊東で行われている代表的な漁法 )で新鮮な魚介類を水揚げしてきました。

海のなかを自由に泳いでいる魚を獲るというのは、何にしても大変なことでしょう!

色々と教えてくださった漁師さんは、主にクロムツ金目鯛をにねらい、伊豆大島との中間あたりを魚場にして、魚があがってくる夜を中心に漁をしているとのことでした。(昼は深いところにもぐってしまうので・・・)

クロムツを常時ねらっているのは、伊東では写真のなかのお二人だそうで、伊東市内でクロムツに出会ったら思い出してください。

サバなどは5~6時間かけて三宅島のほうまで出かけることもあるそうで、この伊東港を基地にしてかなり広範囲に漁をしているのがわかりました。

伊東漁港と魚市場  主にクロムツや金目鯛をねらう船  色々と教えてくださった皆さん!今後もお世話になります。

一方、定置網には四季折々色々な魚がはいるそうで、今朝もイサキトビウオ桜鯛マアジスルメイカホウボウなどが獲れたそうです。カツオやときによってはマグロがはいることも・・・。季節そのままの魚がはいるとのこと。まさに旬の魚です。

イサキ  トビウオ  桜鯛

マアジ  スルメイカ  ホウボウ

四季折々の旬の新鮮な魚が豊富に水揚げされる伊東港。その大部分が地元で消費されています。

伊東にお出での際には、ぜひ旬の地魚をお召し上がりください!

イカとトビウオを刺身に、アジはたたきで大葉や茗荷などと!

いずれにしても、「昼間(11:00頃)きても本当のことはわからないよ!」ということで、早朝(5:00〜6:00)の活気あふれる伊東港を今度ぜひ・・・頑張ります!

この魚シリーズはまだまだ続き、伊東の旬をお届けしたいと思っています。お楽しみに!

伊東漁港で漁師さんに色々教えてもらいました。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 第7回 秋のおさかな市 | 伊東観光協会オフィシャルサイト

コメントを残す