夏の夜、「夕涼み舞台」が華やかにおこなわれました。

暑い日が続く伊東で、「第一回伊東旧見番・夕涼み舞台」が開催されました。浴衣姿の芸妓衆の踊りは、華やかさのなかに清涼感がただよい、心地よい夕涼みの時間を過ごすことができました。(2009年8月19日)

kyuken090819-10.jpg

kyuken090819-9.jpg  kyuken090819-8.jpg  kyuken090819-11.jpg 

伊東の温泉文化を支え担ってきた芸妓衆。
岸の柳や奴さん、伊東小唄、総踊りなどが披露され、その芸の深さと艶やかさにうっとり!の時間が過ぎていきます。

昭和初期につくられ、伊東温泉の歴史とともに歩んできた伊東小唄(作詞:北原白秋、作曲:町田嘉章、振付:花柳寿南海)ですが、第二部では観客の皆さんも参加して踊り楽しい「夕涼み舞台」となりました。

kyuken090819-2.jpg kyuken090819-6.jpg kyuken090819-13.jpg kyuken090819-12.jpg

華やかな舞台を堪能した一夜でしたが、その舞台の裏ではどのような努力・稽古が・・・

今年の秋の「バスでいくミニツアー・楽楽さんぽの四季あそび」のコースに、芸妓稽古見学が取り入れられることになりました。
イベント案内・楽楽さんぽの四季あそび(ファーマーズマーケットと東海館・芸妓稽古見学)

伊東の温泉文化を支えている芸妓衆の、日々の努力の一端をぜひご覧ください。

コメントを残す