温室に色々なサボテンがありました!

あいにく雨の日でしたが、こういう日はサボテンを見ようと伊豆シャボテン公園に行ってきました。(2009年10月6日撮影)

shaboten091006-25.jpg

大講堂では、チンパンジー・アスカの学習発表会がおこなわれていました。相変わらず賢いです。
通路を通って、高原竜の足元から入るとオルメカの巨石人頭像が出迎えてくれました。かなり迫力のある歓迎ぶり・・・

shaboten091006-15.jpg  shaboten091006-14.jpg  shaboten091006-13.jpg

サボテンというと思い浮かべるのは、ウチワサボテンですが、温室のなかには実にたくさんの種類のサボテンたちが・・・、これってサボテン?

shaboten091006-10.jpg  shaboten091006-12.jpg  shaboten091006-18.jpg

この大きな金シャチは推定160歳。江戸時代の末期の生まれということになりますが、この大きさになるまでどんな苦労(?)が・・・誰も知りません!
ニョロニョロ這っているのは、現地で地を這う悪魔の異名を持つ「入鹿」。
悪魔=入鹿・・・?

shaboten091006-6.jpg  shaboten091006-5.jpg  shaboten091006-2.jpg

トゲの種類も多種多様。いかにも痛そうなのも、ホワホワしたのも・・・ホワホワしたのでも触らないほうがいいです(痛)。

shaboten091006-20.jpg  shaboten091006-19.jpg  shaboten091006-23.jpg

トゲは葉が変化したものだそうで、厳しい環境のなかで水分をとりこんだり、寒さよけになったりと、それぞれ苦労しながらこうなった訳ですが、それにしても随分違います!

shaboten091006-22.jpg  shaboten091006-9.jpg  shaboten091006-17.jpg

テキーラの原料になるテキラーナがありました。案内板によるとリュウゼツランの仲間だそうで、メキシコにはテキーラ村まであるそうです。

shaboten091006-4.jpg  shaboten091006-3.jpg  shaboten091006-1.jpg

食用といえば、メキシコなどではウチワサボテンは野菜として、果実はくだものとして市場で普通に売られているそうで、サボテンもよく見ると美味しそう・・・!?

最後の温室・シャボテン狩り工房では、畑にサボテンの子どもたちがいっぱい並んでいました。

shaboten091006-30.jpg  shaboten091006-29.jpg  shaboten091006-33.jpg

好きなのを畑から箸(手ではなく)で選んで、寄植えしてもらうと、マイサボの出来上がり。
プニプニの多肉もいいですね。鉢も色々ありました。

shaboten091006-24.jpg  shaboten091006-28.jpg  shaboten091006-31.jpg 

久しぶりでしたが、やはりサボテンの世界は奥が深く、おもしろいです。

伊豆シャボテン公園では、開園50周年を記念して様々なイベントがおこなわれています。動物とのふれあいとサボテンの世界をごゆっくりお楽しみください。
伊豆シャボテン公園公式ホームページ

コメントを残す