城ヶ崎海岸で、溶岩を・・・

約4000年前に大室山が噴火したときに、溶岩が海に流れ出して出来たのが城ヶ崎海岸といわれています。

それを実感するために、出かけてみました。(2010年7月28日撮影)

この日は、観光スポットとして良く知られている門脇吊り橋から、城ヶ崎ピクニカルコースをぼら納屋方面に3~4分ほど降りて、かどかけの浜に行ってみました。

花を見に良くやって来るところですが、今回は溶岩がテーマですので、足元に気をつけながら、海の方に歩いていくと・・・・

海に流れ出した溶岩の陸地部分の先端です。この日は波は静かでしたが、長年荒波に削られてこのような姿に・・・4000年です!

この辺で、キョロキョロとまわりを見回しながら、溶岩探索・・・

こんなのどうですか!

溶岩の流れを実感させてくれるものも、たくさんありました。

難しいことは分かりませんが、溶岩のなかの成分の違いで、色々な固まり方・流れ方をしたのでしょうか?

興味はつきませんが、花の様子を見に来たときにまた・・・

門脇吊り橋から、ほんのちょっと歩くだけで着くかどかけの浜。溶岩探索も楽しいかもしれません。

※溶岩でゴツゴツしていますので、足元にはお気をつけください。

今回の、城ヶ崎海岸・かどかけの浜の場所

城ヶ崎海岸・かどかけの浜