富戸の宇根展望台に行ってみると・・・

先日富戸方面に出かけた際、ちょっと時間があったので、前から気になっていた宇根展望台に行ってみることにしました。(暑い!歩き始めて1~2分で、95%後悔)  (2010年8月26日)

県道沿いの観光案内看板のある駐車スペースに車を置いて、歩きはじめると目の前に富戸の海が広がります。魚介類が豊富で、ダイビングでも人気の豊かな海です。

ちょっと歩くと、宇根展望台が近くに見えてきました。柱状石が目印です。(左の写真です)

  

街なかを通って着いた展望台は、海をのんびり眺めるには良いところでした。(人も少ないし・・・)

  

実は今回、海の眺めも良かったのですが、展望台に着く手前で発見がありました。

この大きな石です。産衣石と書いてあります。(???)

説明板がありましたので読んでみると、800年以上前のことですが、「源頼朝八重姫の・・・」悲しい話です。

説明板を読んでみてください。(文章にするには、ちょっと・・・)

  

気を取り直して、街なかに来てみると展望台への案内板がありました。

この反対側の奥にあるのが、先ほどの産衣石と謂れのある富戸三島神社です。

  

立派な神社で、創建年は不詳ですが、1200年以上前なのは間違いないそうです。(産衣石は800年以上前・・・時間の尺度が違いすぎ。でもその間、大事に伝え守り続けているというのはすごいことです。)

境内には、大漁祈願にまつわる参籠石がありました。富戸の漁師の大漁を願う思いが、昔からずっと続いてきたのがよく分かります。

ところで、左の写真をみてください。神社によくある鈴がありません。かわりにあるのが太鼓

鈴のかわりに太鼓?

さっき境内で涼んでいたひとに聞いてみることに・・・いません!他にひとがいません。

ということで、また折をみて確認しておきます。

  

海の眺めのすばらしい富戸ですが、たまには時間の尺度をかえたタイムスリップ散歩もいかがでしょうか!1時間もあれば、ずいぶんのんびりした気分になれます。

富戸三島神社では、大漁を祈願する秋祭り(例大祭)が毎年10月28日~30日におこなわれます。お楽しみに!

源頼朝と八重姫のことなどは、伊東氏とその史跡・曽我物語 もご参考ください。

アクセス:宇根展望台や富戸三島神社へは、伊豆急行・富戸駅から、海を眺めながら坂を下って15分位でつきます。

富戸 宇根展望台

富戸の宇根展望台に行ってみると・・・」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 伊東の秋は、お祭りの季節! | 伊東観光協会オフィシャルサイト

コメントは停止中です。