川奈の海のあたりを歩いてみました。

ちょっと前ですが天気の良い日に、川奈の漁港やいるか浜のあたりを歩いてみました。(2010年9月17日)

この日は天気の良い日で、いるか浜の駐車場に車を置き堤防にいってみると、多くの人が釣り糸をたらしていました。

釣果はこの通り!(サバですか?)

  

この堤防からは、伊東沖の手石島から初島、伊豆大島と相模湾が一望でき、気持ちの良い眺めが広がります。

ワンコちゃんも気持ち良さそう!?(むむっ・・・暑くて口をあけている?確かにこのときは暑かったのです。書くのをサボッている間に、気温が一気に10度も下降。)

  

いるか浜を離れ、街のなかに入っていくと、鎌倉幕府によって流された日蓮上人がかくまわれたという御岩屋がありました。歴史にふれる瞬間です。(詳しくは、日蓮上人とその霊場 をご覧ください。)

  

その先にいくと、鳥居が見えました。魚のまち・川奈を護る三島神社です。結構急な階段ですが、もちろん元気(?)にあがります。

  

登りきった階段の両脇では、狛犬がまちを見おろしていました。

ちょっと、お顔拝見・・・・・・

  

10月16日(土)には、この三島神社に豊漁を祈願する秋祭りがおこなわれます。

川奈の万灯として知られていますが、一見の価値ありです。

何せ、漁師が60キロもの万灯を持ち上げて、力くらべをするという訳ですから。

※今回歩いた川奈の場所です。

川奈