秋のお祭り。伊東っこガンバリました!

伊東の秋は、歴史と伝統のお祭りの季節でもありますが、今年も若い伊東っこたちが頑張って、お祭りを担い盛り上げていました。ほんの一部ですがご紹介します。

《伊東秋まつり・・・10月15日(金)》

伊東秋まつりのいちばんの見もの、神輿の海上渡御がおこなわれた伊東オレンジビーチでの様子です。

まずは浦安の舞を奉納したみなさんです。(中学生ですよ・・・)

  

次は、力強い鹿島踊り

  

この後、約1トンもの湯川神社の神輿が若者たちに担がれて、後ろ向きで海に入っていきました。かなり深いところまで・・・おぼれてません?

  

時間をおいて、今度は松原神社の神輿がやってきました。同じ様に深いところまで入っていきますが、やがて、綱を持って迎えにでた若者たちによって浜へと引き上げられてきます。

  

浜のステージでの可愛らしい娘さんたちによる茶っきり節などの踊りも見事なものでした。
近いうちに担うであろう小若たちは、祭りをよそに元気に遊んでいました・・・

  

《富戸の秋まつり・・・10月29日(金)》

先日、富戸の宇根展望台に・・・ でちょっとご紹介した富戸三島神社の秋まつりです。

行ってみると、子どもたちが町内の山車を引いていました。(学校は臨時休校。元気にはじけてます!)

  

神社に各町内の山車が続々集まってきます。まさに町内総出です。(先日の静寂とは大違い!)

  

鹿島踊りが奉納されましたが、まことに力強い踊りです。塩をふる少年もきっと将来踊っていることでしょう。

  

《尻つみ祭り・尻相撲大会・・・11月10日(水)》

源頼朝と八重姫の逢瀬の場として知られる音無神社では、灯りを消した暗いなかで、お神酒をまわす合図に相手の尻をつねる尻つみ祭りという奇祭が昔からおこなわれています。
境内では、それにちなんで(?)尻相撲大会が毎年開催されます。さて今年は・・・

  

伊東囃子保存会の太鼓で、威勢よく始まった尻相撲大会。まずは、握手から・・・
子どもの部は、実に微笑ましいものです。観客もにこやかです。

  

ところが、大人の部になると、欲(?)もからみ、だんだん熱を帯びてきます。

  

賞金が目前になると、もう完全にヒートアップ!飛んでます!
観客も自分の事のようにヒートアップ!(写真では表現しきれません。)

  

★もうすぐ12月ですが、冬になっても伊東っこのガンバリは続きます! 

秋のお祭り。伊東っこガンバリました!」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 伊東の秋は、お祭りの季節! | 伊東観光協会オフィシャルサイト

コメントは停止中です。