八幡野浜を歩いてみました。

伊東の南部にある八幡野のまち。
今日は、伊豆高原駅から八幡野浜まで歩いてみることにしました。(2011年5月17日)

駅近くの駐車場に車を置いて、さあ出発!

  

周りは緑一色。だいぶ濃くなっています。
海への近い道を選んで15分も歩くと、かなり急な下り坂にやってきました。
下った角から・・・見えましたが!

  

さらに急な下り、「テンノウサンの坂」を降りていきます。
膝をガクガクさせながら着いた辻は、城ヶ崎自然研究路のスタート地点でした。(この道を行くと、橋立吊り橋や大淀小淀 に出ます。今回はいきませんが・・・)

  

この辻を護っていたのが、賽の神です。
賽の神は、古くは村の境の辻に悪霊や疫病が、村に入ってくるのをふせぐために祭られたものだそうで、八幡野には、この東町賽の神のほかに下町賽の神上町賽の神がそれぞれの辻を護っています。

 

この辻から浜への小道があったので、さっそく行ってみることに・・・
先ほど坂の上から見えていたのが、右の写真の前の島です。
何やら柱の頭がいっぱい集まったような面白い格好をしていました。
これは、約4,000年前に大室山が噴火したとき、ここまで溶岩が流れ込んできて、やがて冷えて固まってできた柱状節理の上の部分だそうです。左の写真をみると柱状の様子が良く分かります。

 

このあと「浜の道」を歩いて、目的の八幡野浜へとやってきました。(ここまで約30分です。)
午後3時前・・・静かです。まったりムード満点。

目についたのは右の派手な建物・・・「月よみのお満流」(?) 地元高校美術部の作品です。
・・・使わせていただきました。

  

それでは、その「お満流」の左から「いそ道の坂」へと行ってみましょう。この坂は「テンノウサンの坂」に比べれば楽勝です。

途中で小さな神社を見つけました。お参りをしてよく見ると、ぶら下がっているのは・・・です。

  

やがて、一本松駐車場に到着。ここからの眺めは八幡野八景のひとつに選ばれているそうです。(他の七つは?要調査です。)
写真も撮りましたが、思うようには・・・(天気のせい?)

  

気を取り直して、反対側のあぐねの浜を・・・

  

城ヶ崎海岸南端の景色を堪能し、まちの方に戻っていくと庚申塔がありました。享和3年とあります。西暦でいうと1803年ですから200年以上前のものです。

  

そろそろ時間も・・・ということで、戻ってきましたが、この間約1時間30分でした。
今回下調べもロクにせずに、ブラブラと出かけたので、堂の穴上・下の賽の神などを見落としてしまいました。「テンノウサンの坂」の名前の由来も分からずじまい・・・
ということで、また時間を見つけて豊かな自然と歴史のまち・八幡野を歩きたいと思います。

参考地図:湯めまちウォーク・やんもの里コース

※今回歩いた八幡野浜の場所

八幡野浜を歩いてみました。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 伊東の秋は、お祭りの季節! | 伊東観光協会オフィシャルサイト

コメントは停止中です。