松川タライ乗り競走がおこなわれました。

梅雨が明け本格的な夏の到来となり、暑い日が続いていますが、先日(7月3日)行われた松川タライ乗り競走の様子をご報告します。(暑さしのぎになりますでしょうか?)

直径1m、深さ30cm程の大きなタライに乗って、しゃもじのようなカイでこぎながら、松川をいでゆ橋から藤の広場横 まで約400m下るレースで、もう56回目となりました。伊東の夏を告げる風物詩です。

いでゆ橋の下では、レースの準備が休むまもなくすすみます。
35レース・210名による熱戦でしたから、みんな汗だく!(川にも入ってますが・・・)

  

いよいよスタート!号砲がなります。
みなさん気合が入ってますね。

 

ここで婚活隊(?)の方にお会いしました。ぜひ応援したいです。
スタートは順調、良い感じです。

 

富士山が目立ってます。
皆さん頑張ってます・・・
が、前との距離が少しづつ・・・(経験か体力か?)

  

到着!400mを見事漕ぎきりました。(落ちてませんよね?)
笑顔でハイポーズ!(ちょっと疲れが・・・)
お疲れ様でした。来年もお待ちしています!隊の名前は変わってもかまいませんので・・・

 

他の皆さんの奮闘ぶりも一部ですがご紹介しましょう。

  

  

こんなことも・・・体重かバランスか?(暑い日でよかったです。)

 

ゴール地点近くでは、日吉オールスターズによるジャズ演奏や伊東囃子保存会の太鼓が競走ムードを盛り上げます。

 

  

東海館の前を流れる松川を舞台に、35レース・210名による熱戦が繰り広げられた第56回松川タライ乗り競走。

来年もお待ちしています!