街なかで、ちょっと手軽なお湯めぐり!

暖かめの日が続いていましたが、さすがに12月に入って気温が下がってきました。
いよいよ温泉の出番!ということになりますが、今回は街なかで気軽に温まれる手湯をめぐってみました。(出かけた11月30日は、まだ暖かめの日でしたが・・・)

JR伊東駅から湯の花通りに向かってみましょう。
ある店の前では、温泉が流しっ放しです。
向かい側にはお湯かけ七福神の寿老人、お湯をかけられるのをじっと待っているかのようです。

  

ちょっと歩くと、「椿のお手湯」に到着です。伊東市の花木である椿がデザインされています。
この日(11月30日)は、たまたまメンテナンス中でしたので、以前に撮った写真でご紹介します。

 

それでは、七福神の皆さんがお湯かけを待っていますので・・・
何やらウレシソウ!

  

お湯にまつわるオブジェもご覧ください。ちゃんと温泉が出ています。

  

次のお手湯をめざして、横断歩道を渡ってまっすぐそのままキネマ通りへと足をすすめます。

アーケード街の真ん中あたりにあるのが、「福招きのお手湯」です。(キネマ、反対にすると・・・)
湯量もたっぷりで温度も高く、寒い日にはこたえられませんね。

 

アーケード街出口を右にちょっと行った松川公園には、足湯「ふれあいの湯」があります。
タオルを持ってくれば入りたいところですが・・・(いつも準備不足でなかなか入れません。)

  

アーケード街出口に戻り、交差点を渡って左前方にある東海館に向かいます。
東海館の入口にあるのが「扇のお手湯」。芸者さんの扇子のイメージです。

  

この湯は比較的ぬるいのですが、つけているうちにジワ~と温かくなってきます。

3ヶ所のお手湯めぐり、如何だったでしょうか?

「何だか、手がスベスベしてきました~!」

源泉かけ流しですから・・・

冬に向かう季節、街なか散策やお買物の途中などに、手を温めてやってください!


今回のルート(湯の花通り入口から松川公園経由東海館まで:徒歩10分程度の距離)