城ヶ崎海岸・・・ジオ散歩

現在、「伊豆半島をジオパークに!伊豆半島ジオパーク構想 )」という取り組みがすすめられていますが、城ヶ崎海岸はその代表ともいえる場所でもあり、しばらく歩いてもいなかったので、ジオ散歩ということ出かけてきました。(ただ溶岩を見に行くだけですが・・・2012年5月29日)

今回は門脇つり橋からぼら納屋に向かう約1.4kmのピクニカルコースを歩くことにします。

門脇駐車場に行ってみると、新たに展望台ができていました。

 

つり橋が正面に見える絶景スポットの誕生です。

 

今日はつり橋をわたらずに展望台の左から入って、かどかけへと下っていきましょう。

 

かどかけまではよくきていたのですが、その先はずいぶん久しぶりです。

もずがねへとやってきました。下がって上がってずいぶん高いところにやってきました。

 

かどかけもずがねなど変わった名前がそれぞれの岬についていますが、これは江戸時代から行われていたボラ漁の漁師たちがつけたものだそうです。
ちなみに、ばったりという名前などは、旅人がばったり倒れたところからとか・・・

遊歩道はすっかり歩きやすく整備されていました。これなら石につまづく心配もありませんね。

 

やがて着いたのが、黒船渡来で騒がれた江戸末期、沼津藩水野氏が造ったといわれる「黒船防備砲台」の跡です。日本の歴史の1コマがここにありました。

 

また海がきれいに見えてきました。松が良く映えています。

 

そして着いたのがまえかど、今日の主な目的は「溶岩を見る」でした。

 

 

 

 

どうですか?
約4,000年前の大室山の噴火によって流れてきた溶岩やそれにのってきた火山岩ですが、ずいぶん形や色に違いがあるものです。詳しいことは別にして、見ているだけでも面白い!

終点は、ぼら納屋です。昭和39年まではぼら漁の根拠地でしたが、今は食事処として使われています。そして、ここから見えるのが魚見小屋。ぼら漁の見張り場、司令塔の役目を果たしていました。静岡県の有形民俗文化財に指定されています。

 

ここまでの時間、約40分でした。門脇の駐車場まで戻るのに、車道を歩いて約10分。
結構、のんびりしたつもりでしたが、もっとゆっくりしても良かったかも・・・

今回のコースは、湯めまちウォーク・城ヶ崎ピクニカルコースと古道めぐり をご参考ください。

追伸:城ヶ崎海岸に自生するあじさいが、そろそろ咲いてきます。お楽しみください。

 

<城ヶ崎海岸・門脇つり橋へのアクセス>
電車・徒歩の場合:伊豆急行城ヶ崎海岸駅より、徒歩約30分
車の場合:有料駐車場(乗500円)、ぼら納屋・伊豆海洋公園にも有料駐車場(乗500円)

城ヶ崎海岸・門脇つり橋