涼風ジオ散歩・・・大室山お鉢めぐり

暑い日が続いていますが、こういう時は高いところに限るということで、大室山の山頂に上がってきました。(2012年8月22日撮影)

これまでジオ散歩ということで、何回か城ヶ崎海岸に出かけてきましたが、それをつくった大もとは、この草におおわれた丸い山・大室山です。
今では何事もなかったように穏やかな姿をしていますが、実は約4000年前の噴火の際に流れ出した溶岩によって、現在の伊豆高原城ヶ崎海岸がつくりだされました。
それも1回きりの噴火によってです。
(おとなしそうな顔をしていますが、すごいヤツです・・・)

 

 

それでは、標高580mの山頂にむかって出発! (リフトで・・・約5分で到着です。)
今日は、空気が澄んで眺望抜群、風も期待したとおり涼しいです。
雲も秋っぽい感じになっています。(いつの間にか・・・ここは秋?)

 

富士山も姿を見せ、伊東市街地から一碧湖、小室山、遠くには房総半島も見えていました。眼下に見えるのは伊豆シャボテン公園です。

 

これが、城ヶ崎海岸などをつくった火口直径300mの噴火口です。
今はアーチェリーを楽しむ場所(有料)として使われています。(のどかです・・・)

 

この火口をめぐるのがお鉢めぐり、約1kmの道のりです。
眺望をさえぎるものはありませんので、空中散歩を心ゆくまで楽しむことができます。

伊豆大島や利島、新島などの伊豆七島も今日はくっきりと見えてます。

 

今日は思いがけなく秋っぽい雲が広がっていましたので、ちょっとご紹介してみます。

 

 

 

 

 

のんびり雲を眺めるのもたまには良いものです。
今日は青空がとてもきれいで、最高の一日でした。
しばらく晴れが続きそうですので、お鉢めぐり・空中散歩をお楽しみください。

四季折々、姿を変える大室山。1日たりとも同じ風景はありません。
秋には、ススキの穂が出て白銀色に変身します。お楽しみに!

■大室山
登山リフト:有料(大人往復500円)
車の場合:リフト乗り場に無料駐車場
電車の場合:伊東駅または伊豆高原駅から「伊豆シャボテン公園行き」終点下車

大室山

参考サイト:伊豆半島ジオパーク構想