涼風ジオ散歩・・・小室山の山頂で海を眺める

今日は天気が良かったので、小室山の山頂に上がってみることにしました。(2012年9月12日)

標高321mの小室山。この山も約15,000年前の噴火によってできたスコリア丘です。

 

リフト(有料)にのって3分程度で頂上に到着。(ここは一人のりです。)
リフトで登る途中、足元に目をやるとリコリスが満開に咲いていました。

 

期待に違わず、360度の眺望が広がります。
大室山より低い山ですが、そのかわり海に近く、また違った眺望を楽しむことができます。

 

秋の雲が広がるなか、遠くに見える房総半島の上には、見事な入道雲がモクモクと発達中!
雲も夏秋混在状態です。(今日は、珍しく房総半島がはっきりと見えました。)

 

を見ると、潮の流れでしょうか?微妙に色が変わっています。
紋様のようなものまでできていました。

 

利島や新島も今日はちょっと幻想的。雲もいい感じです。

 

山の方に目をやると、先日お鉢めぐりをした大室山が丸い姿を見せています。
それでは、こちらの噴火口は?というと、これ!
ずいぶん小ぶりですが、噴火の際に流れ出た溶岩で、現在の川奈ホテルゴルフ場がある台地などが つくられたそうです。あなどれません!

 

展望台もしっかり整備されていて、360度の眺望を楽しむことができますので、時間の許すかぎりごゆっくりとどうぞ!(運がよければスカイツリーも見えるかも?)

 

参考サイト:伊豆半島ジオパーク構想

■小室山
登山リフト:有料(大人往復470円)
車の場合:リフト乗り場に無料駐車場
電車の場合:伊東駅から「小室山リフト行き」終点下車、伊豆急行川奈駅より徒歩約20分


大きな地図で見る