新緑散歩・・・一碧湖畔

新緑の一碧湖畔を歩こうと出かけてきました。昨年は沼池を歩いたので、今回は大池です。(2013年4月25日)

ippekiko130425-9

沼池との間にある駐車場から、右回りで歩き始めると、大きなニシキゴイが出迎えてくれました。

ippekiko130425-29 ippekiko130425-30

ボート乗り場の先から、山の道に入っていきます。緑に囲まれた気もちの良い道です。

ippekiko130425-27 ippekiko130425-24

湖の向こうに見えているのは、大室山です。
(これから向かう十二連島は、あそこから流れて来た溶岩でつくられました。)

ippekiko130425-23 ippekiko130425-22

柔らかい新緑の中を歩いていきます。

ippekiko130425-20 ippekiko130425-18

モミジ林に出てきました。新緑のモミジもきれいなものです。

ippekiko130425-21 ippekiko130425-13

十二連島も秋とはずいぶん印象が違います。

ippekiko130425-7 ippekiko130425-5

ところで、与謝野鉄幹・晶子歌碑があるのは、ご存知でしたか?

ippekiko130425-4 ippekiko130425-3

与謝野鉄幹・晶子夫妻も愛した伊豆の瞳・一碧湖。畔をめぐる約4kmの遊歩道が整備されていますので、のんびりと新緑散歩をお楽しみください。
※今回は、大池を一周して約50分で戻ってきました。

ippekiko121226-1

<アクセス>
■交  通
伊東駅より12km 車で約20分
伊東駅より東海バスで、シャボテン公園行き「一碧湖」下車すぐ
■駐車場:沼池の入口若干(無料)・ボート乗り場(有料)
■トイレ:沼池の入口・ボート乗り場


大きな地図で見る

参考サイト:伊豆半島ジオパーク

〈ジオ、ジオパークとは〉
「ジオ」はギリシャ語で「地球」や「大地」を意味し、ジオパークは地質や地形などを貴重な遺産と考え、保護と活用を図る「大地の公園」とも訳されます。