作成者別アーカイブ: webadmin

伊豆・伊東のんびり散歩のホームページはURLが変わりました。

伊豆・伊東のんびり散歩のページにアクセスありがとうございます。

当サイトは、より高品質の情報をお届けできるように従来のシステムを見直しました。
つきましては従来のアドレスから(今ご覧になっているページ)にアドレスが変更になりました。

しばらくはご不便をおかけするかもしれませんが、ブックマーク等の変更をよろしくお願い致します。

城ヶ崎海岸・・・ジオ散歩

現在、「伊豆半島をジオパークに!伊豆半島ジオパーク構想 )」という取り組みがすすめられていますが、城ヶ崎海岸はその代表ともいえる場所でもあり、しばらく歩いてもいなかったので、ジオ散歩ということ出かけてきました。(ただ溶岩を見に行くだけですが・・・2012年5月29日)

今回は門脇つり橋からぼら納屋に向かう約1.4kmのピクニカルコースを歩くことにします。

門脇駐車場に行ってみると、新たに展望台ができていました。

 

つり橋が正面に見える絶景スポットの誕生です。

 

今日はつり橋をわたらずに展望台の左から入って、かどかけへと下っていきましょう。

 

かどかけまではよくきていたのですが、その先はずいぶん久しぶりです。

もずがねへとやってきました。下がって上がってずいぶん高いところにやってきました。

 

かどかけもずがねなど変わった名前がそれぞれの岬についていますが、これは江戸時代から行われていたボラ漁の漁師たちがつけたものだそうです。
ちなみに、ばったりという名前などは、旅人がばったり倒れたところからとか・・・

遊歩道はすっかり歩きやすく整備されていました。これなら石につまづく心配もありませんね。

 

やがて着いたのが、黒船渡来で騒がれた江戸末期、沼津藩水野氏が造ったといわれる「黒船防備砲台」の跡です。日本の歴史の1コマがここにありました。

 

また海がきれいに見えてきました。松が良く映えています。

 

そして着いたのがまえかど、今日の主な目的は「溶岩を見る」でした。

 

 

 

 

どうですか?
約4,000年前の大室山の噴火によって流れてきた溶岩やそれにのってきた火山岩ですが、ずいぶん形や色に違いがあるものです。詳しいことは別にして、見ているだけでも面白い!

終点は、ぼら納屋です。昭和39年まではぼら漁の根拠地でしたが、今は食事処として使われています。そして、ここから見えるのが魚見小屋。ぼら漁の見張り場、司令塔の役目を果たしていました。静岡県の有形民俗文化財に指定されています。

 

ここまでの時間、約40分でした。門脇の駐車場まで戻るのに、車道を歩いて約10分。
結構、のんびりしたつもりでしたが、もっとゆっくりしても良かったかも・・・

今回のコースは、湯めまちウォーク・城ヶ崎ピクニカルコースと古道めぐり をご参考ください。

追伸:城ヶ崎海岸に自生するあじさいが、そろそろ咲いてきます。お楽しみください。

 

<城ヶ崎海岸・門脇つり橋へのアクセス>
電車・徒歩の場合:伊豆急行城ヶ崎海岸駅より、徒歩約30分
車の場合:有料駐車場(乗500円)、ぼら納屋・伊豆海洋公園にも有料駐車場(乗500円)

城ヶ崎海岸・門脇つり橋

春の新緑散歩・・・一碧湖畔

季節がすすみ新緑のきれいな季節になってきました。新緑を楽しむには一碧湖畔、ということで出かけてきました。(2012年4月25日)

周囲約4キロのひょうたん型の伊豆の瞳ともよばれる静かな湖で、周囲に遊歩道が整備されており、野鳥のさえずりを聴きながらの自然散策が楽しめる場所として知られています。

今日は、沼池を左まわりで歩いてみましょう。

 

柔らかな新緑にかこまれた沼池です。

 

遊歩道は良く整備されています。
ベンチも用意されていましたが・・・葦がこれまでになるとは、想定外?

 

 

そのベンチの向こうから急いでやってきたのはカモ、ナワバリ荒らすな!ということだったのでしょうか?かなりの勢いでした。目の前で曲がって池に入っていきましたけど、ああコワ・・・

 

カモに別れをつげて、吉田隧道の先の木道を渡って雑木林のなかに入ります。

 

若葉が出始めで、とても柔らかい新緑でした。 実に気持ちの良い散歩道です。

 

途中、茨城からいらしたというご婦人の方から、草花のことを色々と教えていただきました。ありがとうございました。(勉強不足痛感です。)

 

今回は30分程度の散歩でしたが、 新緑につつまれ気持ちの良い時間となりました。

新緑がますます鮮やかになるこの季節、一碧湖畔でのんびり散歩をお楽しみください。

<アクセス>
■バス停:一碧湖
■駐車場:沼池の入口若干(無料)・ボート乗り場(有料)
■トイレ:沼池の入口・ボート乗り場

一碧湖

春の花散歩・・・松川湖畔の梅と河津桜

寒かった長い冬も終わり、ようやく花の季節がやってきた、ということで・・・松川湖畔に花を求めて出かけてきました。(2012年3月21日)

松川湖の上流にある展望広場までは車です。
伊東市内から中伊豆バイパスを修善寺方面に向かい、展望広場の入口を左折します。市内から約6kmの道のりです。
無料駐車場やトイレもありますので安心です。

松川湖・展望広場

まずは、梅の広場から・・・

満開のようです。早速行ってみることにしましょう。
川を渡るのは飛び石です。足を踏みはずさないように・・・

芝生の向こうに見えてきました。

 

期待に違わず、最高の状態でした。甘い香りが一帯を包んでいます。

 

 

 

何度来ていても、なかなか満開の時季にあたりませんが・・・今回は大当たりです。

遊歩道の方に上がってみましょう。

 

梅の花と松川湖!(山に雲のカゲが・・・)

 

梅の花を堪能したところで、また飛び石を渡って河津桜の咲いているところにいってみましょう。

湖畔に沿って歩いていくと、芝生で楽しんでいるご家族をみかけました。
この芝生広場は、お弁当を広げるには最高の場所です。(通りすぎるだけですが・・・)

 

花の広場への道が出てきました。
ちょっと歩いて、前が開けたところを見上げると・・・河津桜です。
まだ若木が多いのですが、ほぼ満開です、。

 

 

成長した木も増えてきて、年々きれいになってくる楽しみな場所です。

 

エコーブリッジの方に歩を進めると、モクレンがつぼみをふくらませていました。
まもなく開花でしょうか。

 

今回は1時間位でしたが、満開の梅の花河津桜を堪能することができ、楽しい花散歩になりました。

松川湖畔では、まもなく本格的な桜の季節がやってきて、最高に華やぐときを迎えます。
喧騒から離れてのお花見散歩にはうってつけの場所です。ぜひお楽しみください。

隠れた名所・松川湖畔の桜については、伊東花情報・松川湖畔の花 をご参考ください。  

花の便りが届き始めました!

寒い日が続き身も心も凍えるようですが、比較的温暖な伊東では早くも花の便りが届き始めました。(例年に比べ遅いような感じもしますが・・・)

松川湖畔のろう梅や伊豆四季の花公園(有料施設)の菜の花は見頃を迎えています。

 

寒桜(写真は伊豆四季の花公園)もほころび始めました。

 

寒い寒いといっても、ちゃんとはやってくることを花が教えてくれています。

春を先取りするひと足早いお花見は、いかがでしょうか?(伊東の花情報をご参考に・・・)

そして花見の後は、もちろん温泉でゆったりホカホカ!(伊東の温泉をご覧下さい)

 

これからの季節、春を先取るお花見と温泉をお楽しみください。