カテゴリー別アーカイブ: めちゃくちゃ市

熱く・・・そして大賑わいだった伊東の冬!

寒い日が続いていますが、気がついてみると寒桜などの花が咲いてきて、「もう少し我慢すれば春を迎えられる」というちょっと温かい気分がわいてくる今日この頃です。

そこで、ちょっと伊東の冬を振り返ってみると・・・・

《伊東温泉めちゃくちゃ市・・・1月22日・23日》

17回目を迎え「魚のまち伊東」の風物詩となった伊東温泉めちゃくちゃ市
天候にも恵まれ大賑わいの2日間でした。(ほんの一部ですがご紹介します。)

  

大勢の人が七輪を囲んで干物を焼いています。まずは美味しさを確認。(めちゃくちゃ安いですよ~)

  

ステージでは、めちゃくちゃオークションです。今年も特大干物登場!デカい!!

  

もちろん干物だけではありません。和菓子みかんわさびなどなど・・・伊豆・伊東の名産がずらり!

  

松川の畔の川口公園では、「ディアボロパフォーマー・Yu-ki」による大道芸ショーです。
実は、地元の伊東商業高校の卒業生でサッカー部だったとか・・・

《冬のよさこいソーズラ祭り&とっておき冬花火大会・・・12月22日》

年末恒例になった冬のよさこいソーズラ祭り&とっておき冬花火大会。13回目を迎えました。
雨も降らず風も吹かず絶好のソーズラ日和となり、参加20チームが熱演を繰り広げ、会場のなぎさ公園は熱気に包まれました。
とてもその熱気は伝えきれませんが・・・ご覧ください。

この湯気は、温泉玉子用の大釜です。始まる前でまったりとした空気がただよっています。

  

さあ始まりです。

  

日頃の練習の成果を存分に発揮!素晴らしい演技が続きます。

ほんの一部ですが、演技者の皆さんの表情をご覧ください。明日への頑張りをもらいました!

  

  

  

やがて総踊り!後ろで花火が打ちあがります。

  

  

熱く燃えたなぎさ公園。また12月22日にお会いしましょう!来週はもう2月。春に向かって伊東はまた頑張ります!

大賑わいの「第16回伊東温泉めちゃくちゃ市」でした!

第16回を迎えた伊東温泉めちゃくちゃ市
魚のまち・伊東ならではの楽しく美味しい大物産市が、1月23日(土)と24日(日)の2日間おこなわれ、大勢の方で賑わいました。(2010年1月23日撮影)

mecha100123-1.jpg

いちばんの呼び物・めちゃくちゃオークションには、特大ひもの(ブリ)が登場。

これって何人分?

続いてこんなものまで・・・

手筒花火!(中身入り?まさか・・・実は去年夏の箸祭りでつかわれたもの。縁起物とか)

mecha100123-28.jpg  mecha100123-27.jpg  mecha100123-29.jpg

(大・中・小)もオークション!イケスの魚をすくう権利です。

やっぱり大きな網は強い。1回でこれです!

mecha100123-23.jpg  mecha100123-26.jpg  mecha100123-24.jpg

めちゃ-1 GRAND PRIX では、名産を利用したゲームでめちゃくちゃナンバー1を決定します。

諏訪湖豆早うつし対決、名産品釣り対決、みかん早積み対決など・・・

相当真剣です。果たして勝者は?

mecha100123-37.jpg  mecha100123-36.jpg  mecha100123-32.jpg

楽しいイベントが続く会場内で、何やら煙が・・・美味しそうな空気も漂っています。

mecha100123-39.jpg  mecha100123-42.jpg  mecha100123-35.jpg

伊東ひもの振興会の試食コーナーでした。(焼くのは自分・・・やっぱり煙は出ますね!)

mecha100123-16.jpg  mecha100123-13.jpg  mecha100123-34.jpg

他の色々なところでも魚介類を焼いていました。小銭入れがだんだんしぼんでいきます!

mecha100123-17.jpg  mecha100123-44.jpg  mecha100123-40.jpg

伊東オリジナル・いとう逸品創作フェア入賞の「ぼくは鮨の金目樽」や「イカの姿寿し」もならびます。

伊東漁協の婦人部の皆さんがつくる名物ちんちん揚げは、食べるのに夢中で・・・姿を撮るのを忘れました!

mecha100123-14.jpg  mecha100123-15.jpg  mecha100123-45.jpg

伊東以外からも美味しいものが・・・遠く福島県広野町からは、あひる米です。

mecha100123-22.jpg  mecha100123-12.jpg  mecha100123-19.jpg

とても全部は紹介しきれませんが、めちゃくちゃお腹がなり、めちゃくちゃお腹がいっぱいになる一日でした。

天候に恵まれ大賑わいの伊東温泉めちゃくちゃ市。来年もお待ちしております!

★ところで、コンロで焼かれていた伊東名産のひものですが・・・

別会場では、そのひものづくりの腕を競うひもの開き日本一大会が開催されていました。

早い!うまい!さすがの技です。この技があってこそ、美味しいひものが食べられるわけです。あらためて感謝!

mecha100123-2.jpg  mecha100123-5.jpg  mecha100123-7.jpg

大会が終わったあとは、海の幸ひらき教室です。

どうですか?やっぱり難しい?

mecha100123-11.jpg  mecha100123-10.jpg  mecha100123-9.jpg

自分でうまく開けるようになれば、魚のあじわい方も広がるのでしょうが・・・

まあ、当分は開いてもらったのを美味しくいただくことにします。

めちゃくちゃ市の会場

めちゃくちゃ市会場・藤の広場

めちゃくちゃ市は大盛況でした!

1月24日(土)・25日(日)におこなわれた伊東温泉・めちゃくちゃ市は15回目をむかえ、今や伊東の冬の風物詩となりました。(2009年1月24日撮影)

報告が遅れましたが、その賑やかだったひとコマをご紹介します。

ひもの開き日本一大会では、日頃のウデを競いシレツなたたかいが繰り広げられました。果たして勝者は?

mecha090124-9.jpg  mecha090124-8.jpg

その後には、海の幸ひらき教室がひらかれ、先ほどのシレツなたたかいを終えたベテランがやさしく教えてくれました。

mecha090124-6.jpg  mecha090124-7.jpg

イベントの目玉のめちゃくちゃオークション。今年も巨大ひものをはじめありとあらゆるものが・・・

mecha090124-1.jpg  mecha090124-2.jpg

網もオークションにかけられ、これで時間制限のなかで生簀から魚をすくいます。これは、力と集中力、そして欲が重要です。

mecha090124-5.jpg  mecha090124-3.jpg  mecha090124-4.jpg

大盛況のうちに楽しく終えた伊東温泉めちゃくちゃ市 来年もめちゃくちゃやりますので、お待ちしております。

詳しいことは、伊豆けんさんが運営する伊東温泉物語めちゃくちゃ市・24日ひもの開き日本一大会25日の様子をご覧ください。

「めちゃくちゃ市」は多くの人で賑わっていました。

1月26・27日に藤の広場で行われた「伊東温泉めちゃくちゃ市」。

伊豆の各地から様々な物が集まった物産展です。

通常の露店の他にも、2日間続けてのみそ汁やお汁粉のサービス、店や港から持ち寄った物のオークションを行っていました。

もちろんオークションはどなたでも参加できます。

metya1 himono

中には「伊東温泉ペア宿泊券」 「生け簀から魚をすくい上げる権利」なんていうのも。

「『魚』をすくい上げる権利」とは言うものの、イセエビやサザエもいますね。

metya7

metya5

1日目の目玉となったのは、「ひもの開き日本一大会」。伊東のひもの店から代表が集まり、次々と魚を捌いていきます。優勝は前回優勝した方の2連覇となりました。おめでとうございます。

metya2 metya3 metya4

2日目は朝にちらほらと雪が降ったりしていましたが、昼ごろには晴れ、全体的には良い天気でした。

2日目の目玉は、カジキマグロの干物の配布です。

metya6

下田で獲れた重さ144キロ、全長3.5メートルのカジキマグロです。

干物にしてしまうと、量にして200人分以上になるというアナウンス。

近くで見ると、本当に大きいです。

この干物は現場で切り分けてご来場の方に配布していました。

metya6

metya9

今年で14回目となった「伊東温泉めちゃくちゃ市」、来年は何が出てくるのでしょうか。