カテゴリー別アーカイブ: ジオ散歩

ジオ散歩・・・「池」の田んぼを歩く

田植えの始まった「池」の田んぼを歩いてきました。2009年9月に訪れて以来ですが、相変わらず何か懐かしい風景がひろがっています。(2013年5月17日撮影)

ike130517-23

山神社の前の駐車場が整備され、伊豆半島ジオパークの案内板も設置されていました。

大室山の噴火でできた「池」の田園風景(伊豆半島ジオパークの案内板より)
『約4000年前の大室山の噴火によって流れ出した溶岩が、南側にあった深い谷をふさぎ、「せき止め湖」ができました。この湖が、現在の「池」の名の由来になっています。
この「せき止め湖」の田園開発が江戸時代から始められ、明治以降の排水トンネルの整備に よって湖は消滅しました。
干拓によって生まれた水田は、四季を通じて美しい里山風景を楽しむことができます。』

ike130517-59 ike130517-63

では、右回りに歩いて行ってみましょう。遠くにげんこつ山(矢筈山)が見えて います。

ike130517-58 ike130517-56

田植えの作業が着々とすすんでいて、脇をのんびり歩くのは、少し気が引けますが・・・

ike130517-44 ike130517-46

げんこつ山が近づいてきました。さらに歩を進めていくと橋のところに着きました。

ike130517-40 ike130517-39

この橋の下を流れるのが、来る途中に見かけた「耕地整理の碑」に記された鳴沢川です。
川を付け替えるというのは、大変な工事だったはずです。それも大正6年ですから・・・

ike130517-49 ike130517-50

それでは、川に沿って歩いていくことにします。
道はあじさいに囲まれていました。(6月のあじさいの季節が楽しみです。)

ike130517-36 ike130517-37

道端で咲いている花です。 よく見かける花ですが、まとまるときれいなものです。
「雑草も見方を変えれば山野草」・・・可愛い花たちです。

ike130517-32 ike130517-19

ike130517-22 ike130517-8

田んぼを眺めながら歩いていくと、川の先に排水トンネルが見えてきました。
この水はしばらく土の中を流れ、約1キロ先から顔を出し、対島川と名前を変えて城ヶ崎海岸に流れ落ちます。(対島の滝

ike130517-13 ike130517-5

このトンネルの完成を記念した碑が近くにありました。
平安都城碑」・・・碑文は「平安都城と天地同じく長久」と読むそうです。
約1kmのトンネルが、明治3年に完成した際の「池」地域の人々の思いが込められています。

ike130517-4 ike130517-3

前回にもふれましたが、今はのどかな「池」の田んぼの風景も、長年の水との格闘の中で出来上がったきたものなのですね。

戻る途中、現在行われている「伊豆高原アートフェスティバル」(5月31日まで開催)の案内を見つけ、楽居坊・斉藤トシコさんのアトリエにお邪魔させていただくことにしました。

art130517-8 art130517-3

素敵な作品にかこまれながら、色々お話もお聞かせいただいて、楽しい時間を過ごすことができました。(歩いてきた疲れもどこへやら・・・)

art130517-1 art130517-5

たのしい一日となりました。また時間をみつけて出かけたいと思います。

■「池」のたんぼの場所


大きな地図で見る

参考サイト:伊豆半島ジオパーク

〈ジオ、ジオパークとは〉
「ジオ」はギリシャ語で「地球」や「大地」を意味し、ジオパークは地質や地形などを貴重な遺産と考え、保護と活用を図る「大地の公園」とも訳されます。

新緑散歩・・・一碧湖畔

新緑の一碧湖畔を歩こうと出かけてきました。昨年は沼池を歩いたので、今回は大池です。(2013年4月25日)

ippekiko130425-9

沼池との間にある駐車場から、右回りで歩き始めると、大きなニシキゴイが出迎えてくれました。

ippekiko130425-29 ippekiko130425-30

ボート乗り場の先から、山の道に入っていきます。緑に囲まれた気もちの良い道です。

ippekiko130425-27 ippekiko130425-24

湖の向こうに見えているのは、大室山です。
(これから向かう十二連島は、あそこから流れて来た溶岩でつくられました。)

ippekiko130425-23 ippekiko130425-22

柔らかい新緑の中を歩いていきます。

ippekiko130425-20 ippekiko130425-18

モミジ林に出てきました。新緑のモミジもきれいなものです。

ippekiko130425-21 ippekiko130425-13

十二連島も秋とはずいぶん印象が違います。

ippekiko130425-7 ippekiko130425-5

ところで、与謝野鉄幹・晶子歌碑があるのは、ご存知でしたか?

ippekiko130425-4 ippekiko130425-3

与謝野鉄幹・晶子夫妻も愛した伊豆の瞳・一碧湖。畔をめぐる約4kmの遊歩道が整備されていますので、のんびりと新緑散歩をお楽しみください。
※今回は、大池を一周して約50分で戻ってきました。

ippekiko121226-1

<アクセス>
■交  通
伊東駅より12km 車で約20分
伊東駅より東海バスで、シャボテン公園行き「一碧湖」下車すぐ
■駐車場:沼池の入口若干(無料)・ボート乗り場(有料)
■トイレ:沼池の入口・ボート乗り場


大きな地図で見る

参考サイト:伊豆半島ジオパーク

〈ジオ、ジオパークとは〉
「ジオ」はギリシャ語で「地球」や「大地」を意味し、ジオパークは地質や地形などを貴重な遺産と考え、保護と活用を図る「大地の公園」とも訳されます。

花とジオ散歩・・・城ヶ崎海岸いがいが根

城ヶ崎海岸一帯に群生しているイソギクツワブキが咲き始めているので、花の咲き具合を見にいがいが根へ行ってきました。(2012年11月7日)

今日は晴れ渡って、伊豆大島がはっきり見えています。(昨日はひどい天候でしたが・・・)

約4,000年前の大室山の噴火によって流れ出した溶岩が、海にまで達して出きたのが城ヶ崎海岸ですが、いがいが根はそれを実感させてくれるゴツゴツした荒々しい場所です。

 

なかには、こんな変わった溶岩も・・・これだけひょいと誰かが置いた感じです。
右の写真は以前撮ったものですが、まわりの溶岩とはまるっきり違っているのが分かるかと思います。 (自然がつくり出したものですが、不思議です。何に見えます?)

 

こんな荒々しい溶岩たちのすき間にも、イソギクは根をおろし黄色い花を咲かせます。

まだつぼみでしたが、可憐な花がみれるのもまもなくです。

 

遊歩道に出ると、群生しているイソギクが咲き始めており、まわりに甘い香りをふりまいていました。

 

 

その遊歩道ですが、ツワブキロードになっています。道のまわりはツワブキだらけ!

今年のツワブキは、特にすごい感じです。

 

山のなかにも密集して、黄色い花 でうめつくしています。

 

城ヶ崎海岸一帯に群生しているツワブキイソギクが、これから11月末ごろまで黄色い可憐な花を咲かせます。

のんびり散策しながら、荒々しい城ヶ崎海岸と可憐な花たちの競演を、こころゆくまでお楽しみください。

取材地:城ヶ崎海岸いがいが根と付近の遊歩道
アクセス:いがいが根駐車場から徒歩約5分(歩きやすい靴でお出かけください。)


大きな地図で見る

参考マップ:湯めまちウォーク・城ヶ崎自然研究路コース

参考サイト:伊豆半島ジオパーク

〈ジオ、ジオパークとは〉
「ジオ」はギリシャ語で「地球」や「大地」を意味し、ジオパークは地質や地形などを貴重な遺産と考え、保護と活用を図る「大地の公園」とも訳されます。

涼風ジオ散歩・・・小室山の山頂で海を眺める

今日は天気が良かったので、小室山の山頂に上がってみることにしました。(2012年9月12日)

標高321mの小室山。この山も約15,000年前の噴火によってできたスコリア丘です。

 

リフト(有料)にのって3分程度で頂上に到着。(ここは一人のりです。)
リフトで登る途中、足元に目をやるとリコリスが満開に咲いていました。

 

期待に違わず、360度の眺望が広がります。
大室山より低い山ですが、そのかわり海に近く、また違った眺望を楽しむことができます。

 

秋の雲が広がるなか、遠くに見える房総半島の上には、見事な入道雲がモクモクと発達中!
雲も夏秋混在状態です。(今日は、珍しく房総半島がはっきりと見えました。)

 

を見ると、潮の流れでしょうか?微妙に色が変わっています。
紋様のようなものまでできていました。

 

利島や新島も今日はちょっと幻想的。雲もいい感じです。

 

山の方に目をやると、先日お鉢めぐりをした大室山が丸い姿を見せています。
それでは、こちらの噴火口は?というと、これ!
ずいぶん小ぶりですが、噴火の際に流れ出た溶岩で、現在の川奈ホテルゴルフ場がある台地などが つくられたそうです。あなどれません!

 

展望台もしっかり整備されていて、360度の眺望を楽しむことができますので、時間の許すかぎりごゆっくりとどうぞ!(運がよければスカイツリーも見えるかも?)

 

参考サイト:伊豆半島ジオパーク構想

■小室山
登山リフト:有料(大人往復470円)
車の場合:リフト乗り場に無料駐車場
電車の場合:伊東駅から「小室山リフト行き」終点下車、伊豆急行川奈駅より徒歩約20分


大きな地図で見る

涼風ジオ散歩・・・さくらの里

前回(8月22日)は大室山の山頂に上がりましたが、今回はその麓にあるさくらの里をジオ散歩してみることにしました。(2012年9月4日)

大室山は貴重なスコリア丘として山全体が国の天然記念物となっています。(スコリア丘については、説明板を見ていただくことにして・・・)

さくらの里では、見える山全体の美しさはもちろんですが、大室山が約4000年前に噴火した際にできたスコリアラフトや溶岩洞穴を観察することができます。

 

スコリアラフトは、駐車場側入口から入って右奥にあります。
スコリアラフトとは?
オムライスのような・・・と説明してありますが、後ろにまわると中身を見ることができます。(確かに、硬すぎるオムライス・・・)

 

 

では、もうひとつの溶岩洞穴へ行って見ることにします。
ソメイヨシノの樹の下を歩いていくと、森が見えてきました。

 

穴の原溶岩洞穴の案内板がありますのでご覧ください。
その脇には、「大室山の大蛇穴 蛇退治に二代将軍が登場!?」目立ちます!

 

のぞいて見るとかなり深くて広いです。大蛇(?)がいても、不思議ではない感じ・・・
この穴については、10月に開催されるバスで行くミニツアー「伊東の民話・伝承の舞台を巡る」のなかで、詳しく話しがされますので、興味のある方はぜひご参加ください。

 

穴をのぞいた後、空を見上げると・・・

これって、伊豆半島!(どう見ても!)

最近どういう訳か、雲に目がいってしまいます。
夏から秋へと変わっていくとき、雲も色々で面白いですね。(何に見えます?)

 

 

首が疲れて下を見ると・・・モグラの穴だらけ!

 

さくらの里には色々発見があります。

時間を止めて、ごゆっくりお過ごしください!

参考サイト:伊豆半島ジオパーク構想

交通アクセス:伊東市内から南へ15km
伊東駅または伊豆高原駅から、東海バス「伊豆シャボテン公園」下車徒歩約10分
無料駐車場有り・トイレ有り

大室山麓さくらの里