カテゴリー別アーカイブ:

魚のまち新井を歩いてみました。

魚のまち新井を歩いてみました。雨が突然ふったり、風が吹いたりとちょっとどうかな?という感じでしたが、歩く分には大丈夫でした。(途中で買った傘が邪魔でしたが・・・)(2008年9月26日)

伊東魚市場の国道をはさんだ向かい側にある「新井」のまちは、その場所でもわかるように、昔からの魚のまちです。

arai080926-15.jpg

旧道に沿って歩いていくと、ちょうど秋刀魚をさばいているお店を見つけました。

熟練のわざですばやく内臓を残さず次々ときれいに仕上げていきます。

朝あがったばかりの新鮮な秋刀魚をこうやって開き、天日で干して「秋刀魚の干物」ができ上がります。美味しいはずです。

arai080926-16.jpg arai080926-14.jpg arai080926-13.jpg

街並みに目をやると、昔からの町屋がところどころ残っています。新井のまちの原風景を垣間見た感じです。

arai080926-17.jpg arai080926-11.jpg arai080926-4.jpg arai080926-2.jpg

新井神社の鳥居が見えました。何百年も魚のまち新井を見守ってきた神社です。伊東七福神の一つで、隔年の正月に裸の若衆にかつがれた神輿が海に入る海上渡御が行なわれ、「伊東のはだか祭り」の神社として知られています。

鳥居の足元の祭られた石像たちが長い歴史を物語っていました。

arai080926-9.jpg arai080926-7.jpg arai080926-6.jpg arai080926-5.jpg arai080926-8.jpg

(新井神社の詳しいことは:http://www.itospa.com/history_culture/7goodgood/index.html

その先国道に出る手前、宝専寺へとあがっていく坂道が出てきます。

境内の庭園がきれいに整備され、彼岸花が咲いていました。

その名を冠した「宝専寺椿」の原木もあり、四季の花々を静かに楽しむには最適の場所です。

穏やかな気持ちになれたひとときでした。

arai080926-3.jpg arai080926-1.jpg arai080926-21.jpg arai080926-19.jpg

歩き始めてから2時間もかからず「市営大川橋駐車場」まで戻ってきましたが、道の途中には七福神の湯の「恵比寿 あらいの湯」や「毘沙門天 芝の湯」があり、散歩の汗を流してというのもよろしいかと思います。(思っていてもなかなか実現できませんが・・・)

車からおりて、ちょっと伊東を歩いてみませんか?思わぬ発見があるかもしれません。

☆今回歩いた場所については、下記の伊東マップをご参考ください。

・伊東の歴史・文化マップ 新井神社

http://www.itospa.com/ito_map/history-culturemap.html

・伊東市内駐車場マップ  伊東市大川橋駐車場

http://www.itospa.com/ito_map/parking.html

・伊東温泉 共同浴場マップ

http://www.itospa.com/ito_map/spamap.html

「いで湯っこ市場」がオープンしました。

ithiba-4.jpg

伊東市街地から伊豆高原に向かう途中の国道(135号線)沿いに、JAあいら伊豆の地元農産物直売所・ファーマーズマーケット「いで湯っこ市場」が昨年11月にオープンしました。左の写真の看板が目印です。

ithiba-2.jpg ithiba-1.jpg ithiba-5.jpg ithiba-12.jpg ithiba-6.jpg

ithiba-7.jpg ithiba-8.jpg ithiba-9.jpg ithiba-13.jpg

「いで湯っこ市場」には、JAあいら伊豆管内の農家から採れたての新鮮な野菜・果物が毎朝届きます。行ってみると安心・安全をモットーに丹精こめてつくられた新鮮な野菜・果物やハチミツ、味噌、ジャムなどの農産加工物がずらりとならんでいました。つくられた農家のみなさんの思いがそれぞれに込められているのを感じます。

ithiba-14.jpg ithiba-15.jpg ithiba-11.jpg ithiba-16.jpg ithiba-3.jpg

温暖な伊東ならではの農産物もたくさんならんでいますので、ゆっくり市場内をながめながらお買物をお楽しみください。

JAあいら伊豆ホームページ:http://ja-airaizu.jp/keizai/fm.html

「みかん」が美味しそうに黄色く色づいていました。

mikan2.jpg

車で亀石峠を宇佐美におりてきてちょっとほっとしたあたり(反対からは、宇佐美海岸から亀石峠方面にちょっとあがったところ)にくると、道路の両側にみかんの樹が見えてきます。通称「オレンジロード」といわれるところで、両側にみかん農園が軒をつらね、谷の部分から山腹までみかんの樹でうめつくされています。その名のとおり両側みかんの樹のなかを道が走っています。

mikan10.jpg mikan18.jpg mikan17.jpg

mikan7.jpg mikan9.jpg mikan12.jpg

昨日いってみましたら、どこのみかん園でも緑の葉のなかにみかんの黄色がはいり、広大なオレンジロード一帯がとても美味しそうなみかん色の風景になっていました。農園の方にお聞きしたところ「今年が出来が早い」とのことです。

みかん園のなかに入ると、背をこえるくらいの高さの樹にみかんが鈴なりで、秋の日差しが美味しそうな光沢を演出していました(秋とはいえない暑さだったのですが・・・)。まだ青さを残したものもありましたが、これからどんどん熟して美味しくなっていきます。

mikan1.jpg mikan19.jpg mikan16.jpg

相模湾を目前にした宇佐美地区は温暖な気候で昔からみかんづくりに取り組んできました。農園の方の話では、その方がお嫁に来たときには、樹齢80年といわれたみかんの樹がもうあったそうです。(もちろん、お歳はお聞きしませんでした。)

mikan20.jpg mikan4.jpg mikan11.jpg

「相模湾の青い海を毎日ながめて」美味しく育ったみかんを、ご自分の手で収穫して味わってみるのはいかがでしょうか?
秋の景色を眺めながらのんびりとみかん狩りというのもまた楽しいものです。収穫の秋・食欲の秋・・・いろいろと楽しみはつきません。

みかん狩りのご案内は:http://www.itospa.com/leisure_sports/mikan_gari.html

最寄り駅:JR伊東線 宇佐美駅下車
駐車場は各農園にあります。