カテゴリー別アーカイブ: 自然をたのしむ

涼風と秋雲・・・晩夏の大室山お鉢めぐり

大室山山頂には涼風が吹き渡り、空にには秋雲が広がっていました。(2018年8月19日撮影)

▼画像・情報提供:D.Tsuchiya

晩夏の大室山山頂で、のんびりと空中散歩をお楽しみください!


交  通:JR伊東駅より15km 車で約30分
伊東駅または伊豆高原駅より東海バスで「シャボテン公園」下車すぐ
駐車場:大室山リフト(無料)
トイレ:リフト乗り場


※参考:大パノラマの眺望 大室山

大室山より富士山を眺める

大室山から富士山がきれいに見えました。(2017年12月9日撮影)

▼画像・情報提供:D.Tsuchiya

空気が澄んで眺望が広がる季節になりました。お鉢めぐりをお楽しみください。

※12月11日(月)から15日(金)まで、大室山登山リフトはメンテンナンス休業です。


交  通:JR伊東駅より15km 車で約30分
伊東駅または伊豆高原駅より東海バスで「シャボテン公園」下車すぐ
駐車場:大室山リフト(無料)
トイレ:リフト乗り場


※参考:大パノラマの眺望 大室山

幻の滝「対島の滝」

久しぶりに感動を覚える風景に出会いました。(2017年10月30日撮影)

雨雨雨の10月~そして台風一過

今朝出かけてみました。

凄まじい流れに沿った歩道を歩いて「幻の滝」に出会いました。
大自然のエネルギーが伝わってきました。

池から海岸まで4キロの人口の川「対島の滝」
冬季や雨の少ない時期は水も無く、当然滝は流れていません。

今度の台風22号の雨は天城山総雨量で223.5ミリ。

高さ15mの滝となって海に落ちてゆく様子は迫力満点!
激しく落ちる滝と海の波が激しくぶつかり合う様は、まさに一級のジオサイト。

この滝の源流は大室山麓の池地区です。
池地区は4千年前の大室火山の溶岩でせき止められて池となり、農業が出来ないことから明治から大正期に、海岸まで4キロの水路を通して人口の川「対島川」とし、雨の時には川が流れ海に流れ込みます。

〈画像・文章:M.Takechi〉


遊歩道からの眺め

対島の滝展望台

展望台からの眺め


対島の滝の場所

新緑の一碧湖

新緑の一碧湖をほんのちょっとですが歩いてみました。(2017年4月20日撮影)

大池の新緑です。

今回は、沼池の方に行ってみることにしました。

湖畔の樹々は芽吹き始めたところで、可愛い赤ちゃんの葉っぱです。

枯れた葦とのコントラストが何とも言えません。

遊歩道はやわらかい春の道です。

30分くらいでしたが、春の息吹きを感じた時間でした。

次回はもっとゆっくりしたいものです。


ippekiko121226-1


アクセス:JR伊東駅より12km 車で約20分
バス利用の場合は、伊東駅発シャボテン公園行き「一碧湖」下車(乗車約30分 バス時刻表⇒)
駐車場:旧一碧湖美術館駐車場(無料)・沼池の入口若干(無料)・ボート乗り場(有料)
トイレ:沼池の入口・ボート乗り場

帆船日本丸となぎさ公園

2017年3月8日 帆船日本丸が伊東湾に停泊していました。
紺碧の海に浮かぶ白い帆船、なぎさ公園の彫刻のアクセントにもなっていました。
(文章・撮影 M.Takechi)

伊東市民の平和と幸せを願う姿をシンボル化した公園として昭和52年に整備された「なぎさ公園」には、伊東在住の彫刻家重岡健治氏の「家族」と題した彫刻をメインに様々な作品が展示されています。


□なぎさ公園へのアクセス(JR伊東駅より徒歩約12分 有料駐車場有)