カテゴリー別アーカイブ: 花散歩

花とジオ散歩・・・城ヶ崎海岸いがいが根

城ヶ崎海岸一帯に群生しているイソギクツワブキが咲き始めているので、花の咲き具合を見にいがいが根へ行ってきました。(2012年11月7日)

今日は晴れ渡って、伊豆大島がはっきり見えています。(昨日はひどい天候でしたが・・・)

約4,000年前の大室山の噴火によって流れ出した溶岩が、海にまで達して出きたのが城ヶ崎海岸ですが、いがいが根はそれを実感させてくれるゴツゴツした荒々しい場所です。

 

なかには、こんな変わった溶岩も・・・これだけひょいと誰かが置いた感じです。
右の写真は以前撮ったものですが、まわりの溶岩とはまるっきり違っているのが分かるかと思います。 (自然がつくり出したものですが、不思議です。何に見えます?)

 

こんな荒々しい溶岩たちのすき間にも、イソギクは根をおろし黄色い花を咲かせます。

まだつぼみでしたが、可憐な花がみれるのもまもなくです。

 

遊歩道に出ると、群生しているイソギクが咲き始めており、まわりに甘い香りをふりまいていました。

 

 

その遊歩道ですが、ツワブキロードになっています。道のまわりはツワブキだらけ!

今年のツワブキは、特にすごい感じです。

 

山のなかにも密集して、黄色い花 でうめつくしています。

 

城ヶ崎海岸一帯に群生しているツワブキイソギクが、これから11月末ごろまで黄色い可憐な花を咲かせます。

のんびり散策しながら、荒々しい城ヶ崎海岸と可憐な花たちの競演を、こころゆくまでお楽しみください。

取材地:城ヶ崎海岸いがいが根と付近の遊歩道
アクセス:いがいが根駐車場から徒歩約5分(歩きやすい靴でお出かけください。)


大きな地図で見る

参考マップ:湯めまちウォーク・城ヶ崎自然研究路コース

参考サイト:伊豆半島ジオパーク

〈ジオ、ジオパークとは〉
「ジオ」はギリシャ語で「地球」や「大地」を意味し、ジオパークは地質や地形などを貴重な遺産と考え、保護と活用を図る「大地の公園」とも訳されます。

春の花散歩・・・松川湖畔の梅と河津桜

寒かった長い冬も終わり、ようやく花の季節がやってきた、ということで・・・松川湖畔に花を求めて出かけてきました。(2012年3月21日)

松川湖の上流にある展望広場までは車です。
伊東市内から中伊豆バイパスを修善寺方面に向かい、展望広場の入口を左折します。市内から約6kmの道のりです。
無料駐車場やトイレもありますので安心です。

松川湖・展望広場

まずは、梅の広場から・・・

満開のようです。早速行ってみることにしましょう。
川を渡るのは飛び石です。足を踏みはずさないように・・・

芝生の向こうに見えてきました。

 

期待に違わず、最高の状態でした。甘い香りが一帯を包んでいます。

 

 

 

何度来ていても、なかなか満開の時季にあたりませんが・・・今回は大当たりです。

遊歩道の方に上がってみましょう。

 

梅の花と松川湖!(山に雲のカゲが・・・)

 

梅の花を堪能したところで、また飛び石を渡って河津桜の咲いているところにいってみましょう。

湖畔に沿って歩いていくと、芝生で楽しんでいるご家族をみかけました。
この芝生広場は、お弁当を広げるには最高の場所です。(通りすぎるだけですが・・・)

 

花の広場への道が出てきました。
ちょっと歩いて、前が開けたところを見上げると・・・河津桜です。
まだ若木が多いのですが、ほぼ満開です、。

 

 

成長した木も増えてきて、年々きれいになってくる楽しみな場所です。

 

エコーブリッジの方に歩を進めると、モクレンがつぼみをふくらませていました。
まもなく開花でしょうか。

 

今回は1時間位でしたが、満開の梅の花河津桜を堪能することができ、楽しい花散歩になりました。

松川湖畔では、まもなく本格的な桜の季節がやってきて、最高に華やぐときを迎えます。
喧騒から離れてのお花見散歩にはうってつけの場所です。ぜひお楽しみください。

隠れた名所・松川湖畔の桜については、伊東花情報・松川湖畔の花 をご参考ください。