カテゴリー別アーカイブ: 大平の森

大平の森へハイキング その3

その2 」からの続きです。

富士山を眺めて、次目指すは「柏トンネル」。

しばらく進むとこんな標識が!

キャベツ坂」???
なんだ?
疑問は持ちつつも由来分からず…。
通ってみればその理由は何となく分かるかも?

どんな坂かと言うと、とにかく下りの急坂
普段の生活では、なかなか経験しないです。
木をつかんだり、時には「ズズズッ!」っと滑ってしまったり。
ちょっと怖かったなぁ。

しばらくは、下ったり登ったりを繰り返します。

道としてはなかなか厳しいと思うのですが、
尾根コースの登りに比べると楽に感じましたね。
多分、体が慣れてきたからかもしれません。
よしっ、がんばれるぞ!」

そうこうしている間に、お腹が「グルル…」。
はら時計は正確。
時計は12時を指しております。

そして着いたのは「四辻」。(pm 0:00)

でも、まだですよ。
もうちょっとお腹には我慢してもらいましょう!!

目指す「柏トンネル」はあとどれ位かな?
テケテケ歩いていると…
何だこりゃっ?

写真ではあまり伝わらないですかね。
細い道の下は崖。
ロープ伝いに歩きます。
かなり慎重になりますよ!

ロープよ。頼むから切れないでおくれ
祈りながら前進。

ここを抜けると「柏トンネル」の案内標識を確認。

ルートとしては横道にそれる形にはなりますが、ここまで来たんです。
せっかくだから見ておきましょうよ!!
っという事で、レッツゴー!!

その意気込みも束の間。
ひたすら下りの道。
帰りはここを登るのかい?
想像したら、どっと疲れが…。

5分ほど下るとトンネルがありました。
崩落しているので立ち入り禁止です。

ただ、反省すべきは写真に収めていないところです。
すみません…。

柏トンネルを見て、腹ペコな私たちはお弁当スポットを求め先へ進みます!!
風が強いため、なかなか良い場所がないですね。

しばらくすると鉄塔が見えてきました!
久しぶりに現代的な人工物に出会い、なんだか新鮮な気分です。

その先を少し進むと、風当たりが柔らかな良いスペースを発見。
ここでお弁当としましょう!(pm 1:00)

パクパクッ!というより、ガツガツッ!!いただきました☆
やっぱり外で食べるご飯はホントおいしいですねぇ♪

しかし、あまりにもお腹が空いていて写真まったく何も撮っていませんでした…すみません。

30分くらいのんびりした後は、「帰るぞー」という意気込み。
でも、すぐにそれは甘かったと気づくのですが…。

草原までの道のりはこんな雰囲気。

まるでトトロの森へ通じる道みたい
夢がありますね!!

あるこ~ あるこ~ わたしはげんき~♪」
口ずさみながらすすみましょう!
そしてたどり着いたところは?

草原です!!(pm 1:45)
伊東の街を見渡せます☆
ここでちょこっと休憩。

生まれも育ちも伊東の私ですが、
上からこんな風に見下ろした経験は初めてでした。
下から見上げる事はよくあるんですけど…。
出発前には「あんな高い山に登るんだぁ。大丈夫かなぁ?」と憂鬱になったものです(笑)

そんなこんなで、こんな私も登れましたよ

では、先へ進みますか。

草原を抜けると、また林の中へ入っていきます。
また、長い急坂に出会います。

ここまで歩いてきた疲れが溜まってきているので、注意が必要です。
実際の所私も、ズズッと滑ってしましました。

そして、膝の痛みも感じますね。
私の体格が理由かとは思いますが、初めての経験でした。

しばらく歩くと、進行方向が分かりづらい個所があります。

周りを見渡しながら進みましょう!
このようにがついています。

このポイントへ行くと、次にこのが目に入ってきます。

 

迷ったら印を探す
それが大切ですね。

ここまでくると気力のみで前へ。
というような状態ですね。
口数も大分減りますよ。

そして、最後の難所がこの車道
ながーい下りなんです!!!

いつまで続くのだろう?
と思うくらい長かったです。
足に痛みを感じながら進みます。

そして、車が通るので注意して歩いてください。

ここからは、マップ通りに「伊東駅」を目指すのみです!

最終的にゴール(伊東駅)したのは pm 3:00 でした。
色々寄り道しての時間ではありますが、6時間かかりましたね。

「いや~、疲れた!」が直後の感想ですが、
また、登りたいですね☆

今度は、どこの山行こうかな?

大平の森へハイキング その2

その1 」からの続きです。

尾根コース」の途中。
ユーカリの木が所々に表れてきます。
普段なかなか見る機会の無い木に圧倒されました。
不思議な雰囲気ですね。

しばらく進むと大きな石が!!横にはこんな説明がありました。

ふむふむ…
どうやらこのあたりが石切り場だったということですね。
ここから石を運ぶと考えただけでもその苛酷さを感じました。
ホント昔の人って凄いです!!

そして、ここからが一番辛かったぁ。
山頂へ向けての登り坂。
口数もどんどん減っていき、5歩進んでは立ち止まる。
そんな感じでした。

それでもなんとか山頂へ到着!!(am 10:55)
マラソン完走!
みたいな息苦しさ…「ゼーハーゼーハー
景色綺麗だけどしばらく動けず、日頃の運動不足を痛感致しました。
反省…。

スポーツドリンクを飲んで一息。
生き返った私の目に映ったのは「伊東の町並み」。
「綺麗!!!!」

大室山や小室山などから眺めるのも良いけど、
苦労して上ったこの景色は格別。
次に見られるのはいつかな?!(笑)

そして、こんな標識が。

どうやら右と左でコースが変わるらしい。
いずれは合流するが我々はへ行く。

どうして右かというと、イメージはこんな感じ。
左へ進むと、ググっと下ってグググっと登る。
途中にはトイレもあるみたいだけど、
下って登る…それは大変。

なによりも、右コースには「富士山のビューポイント」があるのだ!
それが一番の選択理由らしい。

ということで、しばしの休憩のあと出発!
目指すは富士山!!

なだらかな道が続きます。
なんだか体が慣れてきて歩く事が楽になってきました。
山の空気をいっぱい吸って元気になってきた私。

到着!!(am 11:20)
富士山が見えました!
なんだか今日は不思議な富士山
浮いてるみたい。

しばらく歩くと標識が…
舗装された「管理車道」があります。
なんとなくこっちへ下って行きたくなる道。
でも違うんです。
この道をいくと、先ほど山頂で二股に分かれた道との合流地点に出てしまいます。

右を見て下さい。
道ありますよね?
この標識探して下さい↓

しばらく行くと…なんだ?
キャベツ坂」???

次回へ続く

大平の森へハイキング その1

「伊東」というと、思い浮かぶのは「」や「温泉」かもしれませんが、実は取り囲んでいる「」も魅力がいっぱいで、人気のウォーキングコースがたくさんあります。
少し前(4月16日)になりますが、観光案内所スタッフが「ゆったり湯めまちウォークコース 」のなかで、もっとも頑張らねばならない「健脚向け・大平の森コース 」に挑戦しました。

さて、どうなりますか・・・奮闘記をご覧ください。

《大平の森へハイキング その1》

本格的な登山経験なし。
山登りは中学校の遠足以来で…○○年ぶり。
そんな私が一念発起し、今回「大平の森コース」に挑戦しました。

大平の森」とは、伊東駅から出発着できるハイキングコース。
色々コースがある中から私が選んだのは、以下のルート。

予想では、5時間半のコース。
時間はともかく無事戻って来れる事を目標に行きたいと思います。

かといって、素人だけで行くのは心配。
山歩きに慣れている方とご一緒させていただきました。
何度もこの山を登っているという事なので安心です。

まず準備から。
リュックサックを用意して、あれを持ってこれを持って…
「おやつは300円までね!」
なんて、気分は遠足です(^^;)
いえいえ、真剣に行きますよ!

そして当日。
天気は良好。
ハイキング日和です。
いざ出発!!!(伊東駅am 9:00 )

伊東駅を出て右へ進みます。
一つ目の角を右へ曲がりガード下をくぐります。次は、線路に沿って歩くイメージですね。

御嶽山清瀧入口→」という案内が現れます。
そこを右へ。
しばらくすると「御嶽神社」の鳥居が見えてきます。
そこで道が分かれるので右へ。
そこからは道なりに丸山公園を目指します。

丸山公園の駐車場到着。(am 9:40)
今回は「尾根コース」を歩くので、
掲示版(大平の森ハイキングコース案内)の横から公園内へ入っていきます。
しばらく行くとこのコース最後の「お手洗い」。

トイレットペーパーの付いた公衆トイレ。
ちょっと暗くてドキドキでした。

公園内も「もう山登ってる?」というような雰囲気。

さぁ、ハイキングの案内標識が現れました!
いよいよ本格的にスタートです。

 

しばらくは、なだらかな山道。
「この位ならいけるぞー!」っと甘く見ていると
徐々に傾斜は厳しくなり、あっという間に「ゼーハー」息切れが…

後から思えばこの時は序の口すぎなかったんですよね。
これからが本番です。

次回へ続く