伊豆・伊東のひもの

伊東の目の前に広がる海(相模湾・伊東沖)は、黒潮分岐流の影響を受け、たくさんの種類の魚たちがあつまる豊かな海です。

昔から伊豆最大の漁港・伊東港をはじめ宇佐美・川奈・富戸・八幡野・赤沢の各港から漁船が出港して、四季を通じて色々な種類の新鮮な魚を水揚げしてきました。

その豊かな海に感謝して、秋には豊漁祈願祭が各地域で何百年も前からおこなわれています。


伊東は、昔から「温泉のまち」であるとともに、「さかなのまち」でもあったのです。

ito-himono-20

伊東の市内を歩くと、店先で魚を干して販売している風景があちらこちらで見かけられますが、新鮮な魚が豊富に水揚げされる伊東ならではの「まちの風景」です。

  

  

  


お店のひとに伊東の魚の話しを聞きながら、干してちょうどうまみの出たところを選んでもらって「伊東のひもの」を手に入れる、こんな「美味しいのんびり散歩」はいかがでしょうか?