伊東の豊かな自然

花と海といで湯のまち・伊東


伊東は、東京より南西へ約120km、常春の伊豆半島・東海岸の中心に位置しています。
天城山系を背に、相模湾に向かってひらけた美しい自然の景観と豊かな山海の幸に恵まれた明るい温泉リゾート地です。

伊豆最大の漁港・伊東港をはじめ数々の漁港から朝夕新鮮な魚が水揚げされ、また、山の幸はミカン、ワサビ、しいたけなど、四季折々、山海の旬の味覚にあふれています。

温泉は、湧出口722本・毎分約31,520リットルにものぼる豊かな湯量で静岡県一を誇っています。

お泊りは、純日本風旅館から近代的な大型ホテル、ペンション、民宿までご計画に沿って幅広くお選びいただけますし、街なかにある昔ながらの共同浴場(七福神の湯)めぐりを楽しめるのも伊東温泉の魅力のひとつです。東海館やまつかわ遊歩道、文学碑、商店街などをめぐりながら、多くの文人墨客に愛された伊東の温泉文化にのんびり浸るのもいかがでしょうか。

大室山から城ヶ崎海岸にかけての伊豆高原一帯は、有史以前の火山活動でつくられた山から海へと変化に富んだ美しい自然の景観がひろがり、その素晴らしい眺めは四季を問わず多くの方を魅了しています。

全山草山の大室山山頂からの360度のパノラマ眺望、波が荒々しく打ちつける城ケ崎海岸、柔らかな山容の小室山の麓にひろがる花の公園、伊豆の瞳と呼ばれる一碧湖など、ぜひお勧めしたいスポットです。
伊豆高原地域には、伊豆シャボテン公園などの観光施設や各種の美術館・博物館などが集まり、趣味に合わせての体験など様々な楽しみを満喫することができます。

大室山さくらの里では、10月中旬ごろから寒桜が咲き始め、春の本格的な桜の季節まで様々な種類のさくらが咲き続けます。小室山公園では、11月から咲き始めて2・3月に見頃を迎えるつばき園と園内をおおいつくすように咲く5月のつつじが見事です。春にできる伊豆高原のさくらのトンネル、5月のみかん農園で可憐に咲くみかんの花、6月のアジサイ等々。温暖な伊東では、各所で色々な花が自然な姿でそれぞれの季節で咲きほこります。

komuroyama100430-6

また、伊東のあたたかな気候と澄んだ空気は、海水浴釣りダイビングなどのマリンスポーツにとどまらず、ウォーキング、ゴルフ、テニスなど、スポーツを楽しむ絶好の環境をご提供しています。


豊かな温泉と自然に恵まれた伊豆・伊東で、ゆったりとした楽しいひとときをお過ごしください。